食後の眠気💤

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
大阪市城東区の骨盤矯正
交通事故治療の頼れる整骨院
桜さくら鍼灸整骨院 です!!

 

 

 

 

 

こんにちは!

 

 

 

 

今日は最近ご飯が美味しくてすぐお腹いっぱいまで食べてしまう伊藤が担当します!(^^)

 

みなさん正月から御節・お雑煮・善哉等々食事が美味しい季節ですが食べすぎたりはしてないですか?

 

 

そして食べた後にはすぐ眠気が、、、

みなさんそんな症状でお困りではないですか?

 

 

 

 

 

僕は最近お昼にそんなことが多々あって食後はいつでもどこでも寝てしまって困ってるので、今日はその対処法についてご説明します👍

 

 

 

 

 

 

 

まず、食後眠くなってしまう理由の一つに血糖値を急上昇される糖質を吸収していることが考えられます。この時に体は急上昇した血糖値を下げようとインスリンという物質が過剰に分泌します。これによって本来必要なエネルギー源である糖分でさえも排出してしまって、その結果体のエネルギー不足から眠気につながってしまいます。

 

ですので、空腹時に糖質の多い甘いもの、脂っこいもの、炭水化物などを控えてまずはサラダや汁物などのサイドメニューから食べると効果的です!

 

 

 

また、満腹まで食べてしまうのもあまり良くなく、食べ過ぎてしまうと脳は消化しようと胃腸に血液を集中させて脳に行く血流量を減らしてしまいます。

これでは脳は活発には動かないのでぼんやりしたり眠くなってしまうのです。

食事は腹八分目がちょうど良いので是非意識してみて下さい😊

 

 

 

 

また、良く噛んで食べると内臓に負担をかけないので消化時間が早くなります。

目安は一口30回程度です。

 

 

 

 

そして人間の脳は食べ始めて約20分くらいで満腹感を感じ始めますのでゆっくり食べることも意識してみて下さい!

 

 

 

 

 

 

 

また、東洋医学的には【脾虚】であると考えられることが多いので【脾】を補ってあげることも大切です。

 

ツボとしては三陰交、陰陵泉などがあげられます。

 

三陰交→内くるぶしの頂点から大体指4本分上に上がったところで骨と筋肉の間

陰陵泉→膝の下で内側の骨が、大きく曲がって細くなったところ

 

押してみると痛いポイントになるのでマッサージしてみたり鍼をすると効果的です効果的です(^^)

 

是非参考にしてみてください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆ 当院では交通事故無料相談窓口を随時開催しております。
車での事故やバイクの事故など交通事故の事ならなんでもご相談ください。
交通事故に詳しい先生が分かりやすく、丁寧に相談に答えます。
『事故をして何をどうしたらいいか分からない。』
『加害者だけど体が痛い…』
『保険会社とのやりとりが大変…』
『保険会社から整骨院には行ったらダメと言われたけど体は痛いし…』
『慰謝料について納得いかない…』
などなど交通事故の事なら何でも気軽に相談ください。
当院に来られている交通事故の患者さんも皆、まずは相談から始まり、悩みを解決して施術をさせて頂いております。
1人で悩まずにまずは桜さくら鍼灸整骨院へご相談ください。

桜さくら鍼灸整骨院
〒536-0016
大阪市城東区蒲生1丁目12-2メゾンソフィール1階
☎06‐6786ー5111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください