効率良くお風呂に入る方法

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
大阪市城東区の骨盤矯正
交通事故治療の頼れる整骨院
桜さくら鍼灸整骨院です!!

本日のブログは香山が担当します!

 

本日のテーマは….

【 疲労別の入浴方法 】!!

 

 

①デースクワークでの首肩こりの疲れに

41~42℃くらいのお湯に20~30分

浴槽が長い場合には、浴槽のふちに首を乗せて、 首に頭の重みがかからないようにする寝浴がお勧めです。ストレッチで筋肉をほぐしましょう。首をす くめるように肩を持ち上げて一気に力を抜いてみたり、首をゆっくり回したりしましょう。肩に温かいタオルを乗せて入るのも効果があります

②体の疲れに

43℃のお湯に10分

熱いお風呂は体の表面だけ温まりやすいので、みぞおちより下だけ入る半身浴がお勧めです。半身浴だと、心臓に負荷が掛からないので長めに入浴でき ます。頭上の換気をしないとのぼせやすいので注意。

③心の疲れに

39~40℃のお湯に20分

入浴中は全身の力を抜いてリラックス。決してストレスの原因となっているものを考えないようにします。目をつぶり浮力を感じながら手足を少しずつ動かしてみましょう。「リラックスしている 」などプラスのイメージのことを考えます。ヒー リング音楽やアロマオイル・入浴剤を使っても効果がUP。ときには明かりを落として、アロマキャンドルなどを利用して入るのもいいでしょう。

④スポーツ後の筋肉疲労に

37~39℃のお湯に20分

ぬるめのお湯にゆっくりと37℃~39℃のお湯に浸かると、血行がよくなり、血液中に溜まった疲労物質が排出されます。 お風呂の中で足の裏を指で押したり、疲れた部分をもみほぐします。

このように温度や時間によって疲労回復の仕方も異なります。

ぜひ参加にして見てください!

 

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆ 当院では交通事故無料相談窓口を随時開催しております。
車での事故やバイクの事故など交通事故の事ならなんでもご相談ください。
交通事故に詳しい先生が分かりやすく、丁寧に相談に答えます。
『事故をして何をどうしたらいいか分からない。』
『加害者だけど体が痛い…』
『保険会社とのやりとりが大変…』
『保険会社から整骨院には行ったらダメと言われたけど体は痛いし…』
『慰謝料について納得いかない…』
などなど交通事故の事なら何でも気軽に相談ください。
当院に来られている交通事故の患者さんも皆、まずは相談から始まり、悩みを解決して施術をさせて頂いております。
1人で悩まずにまずは桜さくら鍼灸整骨院へご相談ください。

桜さくら鍼灸整骨院
〒536-0016
大阪市城東区蒲生1丁目12-2メゾンソフィール1階
☎06‐6786ー5111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください