正しい座り方

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。
大阪市城東区の骨盤矯正
交通事故治療の頼れる整骨院
桜さくら鍼灸整骨院です!!
本日のブログは香山が担当します。

本日のテーマは
腰の負担を減らす座り方

【内容】
今日は、座っている時に腰の負担を減らす簡単な方法を3つお伝えします。
よければすぐに使ってみてください。

良い座り姿勢(座位姿勢)は骨盤を垂直に立てることです。

1つ目
お尻から背中までの背もたれのあるダイニングチェアーやデスクチェアーなら簡単。

お尻をギュッと奥までつっこむ。これだけで腰を楽に立てることができます。

この時さらに、約30度以上足を開くと骨盤が立ちやすくなります。

2つ目
椅子の座面前面のへりに近いところに座ると、骨盤が立ちやすくなります。

3つ目
坐骨の下に、畳んだタオルや丸めたタオルなどを敷くと骨盤が立ちやすくなります。

坐骨とは、イスに座って尻の下に手を差し込むとあたる骨盤の下にある骨です。

このとき敷くのは、タオルでなくてもマフラーやひざ掛けなどなんでもかまいません。

ただし、このとき、骨盤が立ったからといって立てすぎて骨盤を前傾し続けないように注意しましょう。

前傾させ続けると腰を反りすぎて逆に腰を痛めるので。

以上です。

☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆ 当院では交通事故無料相談窓口を随時開催しております。
車での事故やバイクの事故など交通事故の事ならなんでもご相談ください。
交通事故に詳しい先生が分かりやすく、丁寧に相談に答えます。
『事故をして何をどうしたらいいか分からない。』
『加害者だけど体が痛い…』
『保険会社とのやりとりが大変…』
『保険会社から整骨院には行ったらダメと言われたけど体は痛いし…』
『慰謝料について納得いかない…』
などなど交通事故の事なら何でも気軽に相談ください。
当院に来られている交通事故の患者さんも皆、まずは相談から始まり、悩みを解決して施術をさせて頂いております。
1人で悩まずにまずは桜さくら鍼灸整骨院へご相談ください。
桜さくら鍼灸整骨院
〒536-0016
大阪市城東区蒲生1丁目12-2メゾンソフィール1階
☎06‐6786ー5111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください