ブルーライトが人体に及ぼす影響

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

大阪市城東区の骨盤矯正

交通事故治療の頼れる整骨院

桜さくら鍼灸整骨院です!!

本日のブログは香山が担当します。

  1. テーマ『ブルーライトが人体に与える影響』

ブルーライトとは、波長が380~500nmの領域にある青色光のことです。ヒトの目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っています。

パソコンやスマートフォンなどのLEDディスプレイやLED照明には、特に多く含まれています。

ブルーライトを長時間浴びていると、メラトニンという眠気を誘うホルモンが分泌されにくくなります。睡眠へとからだが準備し始める夕方から夜にかけてブルーライトを浴び過ぎると、体内時計が狂ってしまう可能性があります。

ブルーライトは紫外線の次にエネルギーが強いため、目に直接的なダメージを眼球に与えます。またスマートフォンを長時間見たり、デスクワークで一日中パソコンを眺めることで目が疲労から回復する時間がなくなります。その結果、網膜に傷害を与え、視力低下やひどい場合は失明のリスクを生み出します。

生活指導により、パソコン、スマートフォンの長時間の使用の際の休息、見る姿勢(角度を変える)事によりブルーライトによる疲労を軽減できます。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆ 当院では交通事故無料相談窓口を随時開催しております。

車での事故やバイクの事故など交通事故の事ならなんでもご相談ください。

交通事故に詳しい先生が分かりやすく、丁寧に相談に答えます。

『事故をして何をどうしたらいいか分からない。』

『加害者だけど体が痛い…』

『保険会社とのやりとりが大変…』

『保険会社から整骨院には行ったらダメと言われたけど体は痛いし…』

『慰謝料について納得いかない…』

などなど交通事故の事なら何でも気軽に相談ください。

当院に来られている交通事故の患者さんも皆、まずは相談から始まり、悩みを解決して施術をさせて頂いております。

1人で悩まずにまずは桜さくら鍼灸整骨院へご相談ください。

桜さくら鍼灸整骨院

〒536-0016

大阪市城東区蒲生1丁目12-2メゾンソフィール1階

☎06‐6786ー5111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください