ペットボトル症候群

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

大阪市城東区の骨盤矯正

交通事故治療の頼れる整骨院

桜さくら鍼灸整骨院です!!

本日のブログは香山が担当します。

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

大阪市城東区の骨盤矯正

交通事故治療の頼れる整骨院

桜さくら鍼灸整骨院です!!

本日のブログは香山が担当します。

テーマ【ペットボトル症候群】

暑い夏は、水分補給に,スポーツドリンクや清涼飲料水などの糖分が多量に含まれた飲み物を飲み続けると,急性の糖尿病が起こることがあります。

これをペットボトル症候群(清涼飲料水ケトーシス)と言います。

一般的な清涼飲料水は500ml当たり50グラム前後の糖分が含まれてます。

角砂糖1個が5グラムとすると、500mlの清涼飲料水をがぶ飲みすると、角砂糖10個を食べたのと同じ量になります。

一気に飲むと体内では血糖値が上昇

血糖値を一定に保つホルモンのインスリンの働きが一時的に低下してしまい

インスリンが欠乏するとブドウ糖をエネルギーとして使えなくなり、脂肪などを分解する。

その際に「ケトン体」と呼ばれる代謝成分が増え、血液が酸性に傾きます。

ひどい場合は意識がもうろうとしたり、倦怠感があったり。昏睡状態に陥ることがあります。

患者さんに水分補給の指導をする際にこのような点も注意して伝えて頂ければ幸いです。

 

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆ 当院では交通事故無料相談窓口を随時開催しております。

車での事故やバイクの事故など交通事故の事ならなんでもご相談ください。

交通事故に詳しい先生が分かりやすく、丁寧に相談に答えます。

『事故をして何をどうしたらいいか分からない。』

『加害者だけど体が痛い…』

『保険会社とのやりとりが大変…』

『保険会社から整骨院には行ったらダメと言われたけど体は痛いし…』

『慰謝料について納得いかない…』

などなど交通事故の事なら何でも気軽に相談ください。

当院に来られている交通事故の患者さんも皆、まずは相談から始まり、悩みを解決して施術をさせて頂いております。

1人で悩まずにまずは桜さくら鍼灸整骨院へご相談ください。

桜さくら鍼灸整骨院

〒536-0016

大阪市城東区蒲生1丁目12-2メゾンソフィール1階

☎06‐6786ー5111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください