薬の飲み方

いつもブログをお読み頂きありがとうございます。

大阪市城東区の骨盤矯正

交通事故治療の頼れる整骨院

桜さくら鍼灸整骨院です!!

本日のブログは香山が担当します。

テーマ【薬の飲み方】

病院などで薬をもらったら書いてある【食前・食後・食間】の意味をご存知でしょうか。

「食前」とは食事の30分前から60分前に薬を飲むという意味です。例えば、吐き気を止める薬は、その使用目的からいっても食前の服用は当然です。食事の前には胃の中は空っぽなので、薬はすぐに溶けて吸収され、効き目も速く現れます。漢方薬は、食べ物と混ざり合うと効き目が弱くなるので、食前の服用が一般的です。

「食後」とは、食事の後、約30分以内に薬を飲むことをいいます。例えば、胃の粘膜を荒らしてしまうような薬では、食後に服用することで薬が食べ物と混じり合って胃に対する刺激が弱められます。その他、消化酵素などは、食べた物の消化を助けることが目的ですので食後に飲みます。空腹の時に飲むと逆に胸焼けなどを起こすことがあるので注意が必要です。

「食間」とは、例えば朝食と昼食の間に薬を飲むことです。食後約2時間ぐらいが目安です。決して食事の最中に飲むことではありません。例えば、胃潰瘍の薬は、胃の粘膜のキズに直接作用して保護する必要があるわけですから空腹の時がよいわけです。

以上です。

☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆~☆ 当院では交通事故無料相談窓口を随時開催しております。

車での事故やバイクの事故など交通事故の事ならなんでもご相談ください。

交通事故に詳しい先生が分かりやすく、丁寧に相談に答えます。

『事故をして何をどうしたらいいか分からない。』

『加害者だけど体が痛い…』

『保険会社とのやりとりが大変…』

『保険会社から整骨院には行ったらダメと言われたけど体は痛いし…』

『慰謝料について納得いかない…』

などなど交通事故の事なら何でも気軽に相談ください。

当院に来られている交通事故の患者さんも皆、まずは相談から始まり、悩みを解決して施術をさせて頂いております。

1人で悩まずにまずは桜さくら鍼灸整骨院へご相談ください。

桜さくら鍼灸整骨院

〒536-0016

大阪市城東区蒲生1丁目12-2メゾンソフィール1階

☎06‐6786ー5111

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください